広告

スニーカーはどこで売る?【オススメのスニーカーの売り方】

1UP

 

手に入れたレアスニーカーを売りたい方必見!

この記事では、スニーカーの売り方にはどんな方法があるのかを解説し、オススメの売り方を紹介しています。

・大切に保管していたスニーカーを断捨離する方
・転売目的でスニーカーを手に入れた方

是非この記事スニーカーの売り方を参考にしてください。

広告

フリマアプリ(メルカリ、ラクマ)

まずはじめにフリマアプリについて。

スマートフォンを使用し、インターネット上でフリーマーケットと同じ様な個人間売買が容易に出来るフリマアプリ。
そのような数多くあるフリマアプリの中であっても、高い認知度を誇っているのが「メルカリ」「ラクマ」です。

・発送方法のバリエーションが増えてきて、より実用的になったメルカリ
・手数料のリーズナブルさをキープし、安全な取引に対する対策に力を注ぐラクマ
各々「メルペイ」「楽天ペイ」というようなオリジナルな決済サービスともリンクし、より一層使いやすさがアップしています。

【メルカリとラクマの特徴】

メルカリは、2013年のサービススタート以降急成長を遂げ、月間ユーザー数1500万人以上、累計出品数に関しては15億品をオーバーするなど、市場規模が大きい分スピーディーに売却できることに評価の高いフリマアプリです。
世相を映し出した話題を呼ぶ検索キーワードや意外な大人気商品が頻繁にメディアでも取りあげられています。

「らくらくメルカリ便」「ゆうゆうメルカリ便」など、オリジナルの配送方法は、もしものケースでの補償も手厚く、出品者・購入者共に住所や実名を公開する必要性がない匿名配送もすっかりお馴染みとなりました。
そのほか近頃では、ポストに投函するのみで発送可能である「メルカリポスト」のセッティングや置き配サービスのスタートが人気を博しました。

商品価格の相場が最初に確認できる機能やバーコード出品機能、出品したら梱包から配送まで全て委ねられる「あとよろメルカリ便」の導入だったり、ユーザービリティーに気づかいたサービス内容の拡充が行われています。

一方で、ダウンロード数2500万を突破したラクマに関しては、商品が売れた時点で要される販売手数料が3.5%(外税)とお得なことで人気を博しています。
2021年1月13日より手数料が6.0%(税別)に改定されましたが、そうはいってもメルカリよりリーズナブルなのが魅力的な1つでしょう。

楽天ポイントが使えたり、売上金を楽天キャッシュにチャージして実店舗で利用できたりするなど、とりわけ楽天ユーザーにとっての使い勝手が良いフリマアプリです。

【フリマアプリのデメリット】

このような魅力がたくさん詰まったフリマアプリですが、大きなデメリットがあります。

それはニセモノが多いということ。

レアスニーカーのレプリカが当たり前のように販売されています。
出品されている物のうち、9割はニセモノです。
「大袈裟でしょ!」と思うかもしれませんが、本当です。

そういう理由があり、フリマサイトでの販売は信頼に欠ける部分があります。

スニーカーの買取業者(the1sneaker)

次に、買取業者についてです。

有名な買取業者に「the1sneaker」があります。

the1sneakerでは、スニーカーの購入、販売はもちろん、鑑定・査定・販売情報・リアルタイム相場の更新が行われ、いつでもご利用できます。

【the1sneakerの特徴】

・無料鑑定
・業界トップクラスの鑑定士によるハイレベルな鑑定
・最新テクノロジーAI機能を利用した鑑定方法
・36時間以内の鑑定結果
・24時間以内の査定
・業界No.1の査定金
・リピーター率は95%

オフィシャルサイトはコチラ
気になる方は是非覗いてみてください。

スニーカー売買アプリ(モノカブ、スニーカーダンク、stockX)

最後にスニーカー売買アプリを活用して、スニーカーを販売する方法について紹介します。

大きな特徴に関しては
・鑑定済みのスニーカーだけの販売
・スニーカー特化型フリマサイト

という点です。

代表的なものに「モノカブ」「スニーカーダンク」「StockX」があります。
それぞれのメリットとデメリットを紹介します。

【スニーカーダンク】

画像1

Webサイトもありますが、アプリのご紹介。
ダウンロードはコチラ(iOS)

スニダンのフリマ機能が追加されたのは2019の夏頃。
比較的新しいスニーカー売買アプリですが、伸びが凄いです。
2020.9にTVで放映された山下健二郎さんと関口メンディーさんのこのCMも印象深いです。

スニダンで売るのメリットは、まとめて発送が可能であること。

実際にスニダンでスニーカーを売った場合、
スニダンから下の画像のようなチャットが送られてきます。

画像4

ここにもしっかりと”複数商品をまとめての発送ももんだいございません”と書かれてあります。

送りたいスニーカーを1つの箱にまとめる。または、ひとつになるように縛ることで、送料をかなり安くすることが可能です。

実例を話すと。
モノカブ
SNKRSで当選したスニーカーを、届いた時の状態(ダンボール)のまま1つだけ発送すると、送料は1,200円。
スニダン
売れたスニーカー4足(赤箱)をまとめて梱包。送料は2,300円。
これくらい変わります。

このように、まとめて販売する場合はスニダンがオトクです。

現在スニダンでは、招待コード入力で3000円OFFクーポンが貰えます。
・好きなスニーカーを購入する
・安く仕入れて、転売する
このような使い方が有効です。

ダウンロードがまだの方は、コチラからダウンロードして頂き、以下の手順で招待コードを入力して下さい。

画像1

一応、私の招待コードは「TFPUA5」です。
私のコードを打ちたくない方は、Twitterでテキトーに検索すれば出てきます。

【モノカブ】

画像2

こちらもWebサイトがありますが、アプリのご紹介。
ダウンロードはコチラ(iOS)

日本初の『スニーカー版商品取引市場』として、2018年の冬にリリースされました。
いち早くこのシステムを日本に導入した”元祖”ということもあり、沢山の方に利用されています。

モノカブのメリットは、ヤマト運輸と提携しているところ。

郵便局やファミリーマートを利用し、QRコードを読み取るだけで、匿名で発送準備ができます。

スニダンで売った場合は、ゆうパックなどを使い、自分の手で宛先を書かないといけないという手間があります。
モノカブはQRコード完結する上、コンビニで発送できます。

このことから、売るスニーカーが1足の場合は、モノカブが手軽でオススメです。

モノカブでも友達紹介キャンペーンがあります。
こちらはスニダンとは違い、紹介された方が”購入する際に”クーポンが発行されるようです。(今は購入しなくてもクーポンが貰えるようになりました)

私の招待コードは「48174f」です。
良ければ使ってください。

【StockX】

画像3

ダウンロードはコチラ(iOS)

もともとはアメリカのリセールプラットフォームとして2015年に設立されたものです。
2020.6には日本版もリリースされています。
モノカブはStockXを参考に作られました。
それくらい”元祖中の元祖”です。

日本でスニーカーを売る場合は、StockXにそこまでメリットは感じません。
関税がかかったりなど、デメリットが多いです。

国内よりも海外のほうが、よほど高くプレ値がついている場合のみ、使ってみてもいいかと思います。

【スニーカー売買アプリのその他メリット】

スニーカー売買アプリを使えば、発売前にスニーカーのプレ値予想をすることも可能です。
具体的な方法についてはコチラの記事で紹介しています。

プレ値ってどうやって決まるの?【一般的なスニーカーのプレ値予想方法】
このスニーカーかっこいいなぁ。誰も情報発信してないけど… プレ値は付かないのかな? と思ったことはありませんか? プレ値の調べ方を知らない人は、プレ値予想を発信しているアカウントをフ...

 

オススメの売り方は?

最後にズバリ、スニーカーを売買するなら、スニーカー売買アプリがオススメです。

スニダンとモノカブの両方で相場を比べ、高く売れそうなほうに出品しましょう。
スニダンとモノカブで大差がない場合は、どちらでも大丈夫です。
上記で紹介したメリットとデメリットを踏まえ、自分に合ったアプリを選択してください。

まとめ

スニーカーアプリというのは、スニーカーに的を絞って開発されたアプリで、スニーカーの最新情報をチェックすることができたり、売買などもできます。

売り手が決めた相場になる”フリマアプリ”
買い手が決めた相場になる”買取業者”
とは違います。
需要と供給のバランスが取られた仕組みです。

更には、新品のみを取扱い、本物鑑定をしてくれます。

売り手も買い手も安心して取引できるので、私はスニーカー売買アプリを利用しています。

この記事を書いた人
スニちゃん

”簡潔に初心者にも分かりやすく”を心掛け、スニーカーのプレ値予想を発信しています!
是非、SNSのフォローをお願い致します!

スニちゃんをフォローする
1UP
スニちゃんをフォローする
広告
suni premium

コメント